エキシマレーザーの種類

エキシマレーザーの種類は、日本では大きく分けて、4種類です。

  • アレグレット
  • ビジックスター
  • ニディック
  • テクノラス

これが主ではないでしょうか?
どれもトラッキング設備が備えられており、最新の機器では主だってこのレーザーでは、視力が回復するのに、このレーザーではダメといった性能の大差は無くなりつつあります。

5年前でしたら機器の性能には雲泥の差がありましたが、技術が進めばどれをとっても性能の差が縮まったと考えています。

中でもVISX Star S4 IRは、人気がありi lasikとい手術法に人気があります。
VISX Star S4 IRは、S3に比べても性能が上がり、FDAも認可する機器です。アメリカ製のため当たり前ですが・・・。

Nidek EC-5000は、主に大学病院などで使われています。もちろん日本製のため導入は必須ですが。
日本製ということもあり、メンテンナンスは有利であり、バージョンアップも真面目な日本人エンジニア?によって頻繁に行われていて信頼できる機器だと思います。

しかし、照射時間が長いのが欠点ではないでしょうか、ただ眼球の固定器具がありますから、余程、固視不良でもしない限りは、照射時間が長くても問題ないかと思います。

テクノラスは、ボシュロム社が開発している機器で、シェアは低いですが性能が優れた機器だと思います。

アレグレットは、大手の価格破壊から安物のイメージがまとわりついてしまい。価格破壊についていけないクリニックなどはこぞって他の設備に変えて改めてイメージ感を変えるなど業界にとってはダーメジどころでした。

ただ、間違わないで欲しいのは、アレグレットは非常に優れた機器であるということです。
私個人の意見では、最も優れた機器と考えています。

何故なら、照射時間が他の機器よりも短いため、角膜への負担や切除量が少なくなるからです。
更にトラッキングに関して、より正確に照射されるために精度が上がります。

だからこそ、多くの病院がそれを知っていて、導入したのです。
今では、価格破壊が起こった結果の安物扱いになってしまいましたが・・。

以上ですが、どの機器に関しても現在においてはバージョンアップもされ、優れた機器だと思います。
最終的に選ぶべきは、信頼できる医師出るかどうかが重要だと思います。

志を持って、患者のことを考えてレーシック手術をしてくれる、病院選びが最も重要だと思います。

PR

posted by lasiknanmin at 2010年12月31日13:39 | Comment(0) | 手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック 近視矯正手術の種類

近視矯正手術と言っても様々な種類の手術があります。

レーシック

ケラートームを使いフラップを作成し、エキシマレーザーを照射します。
最近ではケラトームを使用した手術が以前に比べて少なくなりました。

その理由は、イントラレーザーが普及し、それを受ける人が増えたためです。

ケラトームは、医師の技量が必要となる手術です。イントラーレーザーは自動でフラップを作成してくれるため、技量も何もいりません。
そのため、ケラトームはある程度技術のいる手術となります。

最もケラトームの優れた点は、切れ口が鋭く、組織に損傷がないために術後にドライアイが慢性的に続く確立が少なくなります。
結局のところ、一番安全なフラップ作成はケラトームなんですね。
大学病院では、どこもケラトームのはずです。何故なら安全性が高いと判断されているからです。

しかしながら、フラップの大きさは160μmですので、角膜のベッドを250μm残すとなると−6D程の矯正が限界です。
そのため、強度近視の方は出来ません。

イントラレーシック

フラップが100μmと薄く作成できるため、強度近視の方にとって−10Dでも手術が可能になりました。
大きさは実に100μmだろうが200μmだろうが自由に自動で作れて、医師の技術的技量も必要なくなりました。

当時は、最新のレーザーであり、今後数年以内にイントラレーザーに置き換わり、ケラトームは消滅するだろうと考えられていました。

しかし、実際その後、様々な不具合を抱えた方が現れるようになったのも事実です。
中でも、イントラレーザーは、フラップをレーザーで作成します。1 ショットあたりのエネルギー量が大きく、角膜への影響が大きく、繊維組織が溶解してしまいます。

これにより術後の層間角膜炎(DLK)や慢性的に続くドライアイで苦しむ人が出てきました。

世に出すのには、まだまだ早すぎた技術だと今になって思う次第です。

フラップのエッジが直角のためズレにくいことがメリットとしてあげられますが、100μmとケラトームより60μmも薄いため、フラップの皺が出来やすいことも分かってきました。

まだまだ、改善の余地がある、手術だと思います。

現在において、主に普及しているのはイントラレース社のイントラレースFS60です。
FS60は2003年にFDA認可を受けたものなので、結構前の機械です。
FS60のフラップ作成時間は20秒掛かります。
作成時間が長いということはそれだけ組織へのダメージも大きということです。
そのために炎症が起きやすくなります。

そこで改良が加えられて、新たな機械が開発されて、最近になり認可されました。
iFSやFEMTO LDVです
特徴はiFSはフラップ作成が約8秒程度早い。
フラップ作成時間が短いほど炎症を起こす可能性が低いと言われていますから、安全性が上がりました。

さらに、iFSやFEMTO LDVは、FS60の欠点であった、1 ショットあたりのエネルギー量も抑えられています。
そのため、角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲がなく「回復が早く手術痕が残らずにきれいに仕上がる」「術後炎症が少ない」などのメリットがあります。唯一の透明組織である角膜の透明性を術後も保ちます。

フラップの固定力も強くなっていて、さらに安定したレーシックが行われるようになりました。

PRK

PRKは2000年以前は盛んに行われてきましたが、角膜混濁というデメリットがあったため、レーシックが普及するとともに殆ど行われなくなってきました。

PRKには大きく2つの方法があり、角膜上皮を予め除去してから、レーザーの照射を行うものと、角膜上皮ごとレーザーを照射してしまう方法です。特にどちらにするにしても予後の大差はありません。

角膜上皮の除去が終わったのち、ボーマン層と角膜実質を削る作業になります。
ボーマン層は一見失われても、長期的に不具合が起きることは報告されておりません。そもそもボーマン層の正確な役割と言うのは解明されていません。

この治療が終わると、通常のレーシックではフラップを戻す作業になりますが、PRKの場合はフラップが存在しないため、治療用のコンタクトで患部の保護を行います。

この治療用のコンタクトは、角膜上皮が再生されるまでの間、装着していることになりますが、通常では3〜4日程度で外すことが出来ますが、再生が遅い場合は1週間程度装着している場合もあります。

PRKのデメリットは、やはり角膜混濁です。起こることは稀ですが、一度起こると中々良くなりません。
強度に対して深い照射を行った際は起こりやすい傾向があります。

しかし、メリットもあるのも事実です。さらに角膜上皮を完全に再生させる為、眼球の強度を保つことが出来るとともに、通常のレーシックに比べ視界がクリアになります。角膜上皮が直接再生されるため、レーシックで起こるフラップのに対してのドライアイ等も起こらずに、フラップの皺やズレに注意することはありません。

手術さえ成功し、合併症さえ起こらなければ最も快適に過ごせる手術だと思います。

PR

posted by lasiknanmin at 2010年12月29日21:53 | Comment(0) | 手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックのクリニックや病院選び

レーシックを受ける上で病院選びが重要です。

  • 値段がどれだけかかるのか?
  • レーザー機器の性能はどうなのか?
  • アフターフォローはどうなっているのか?
  • 信頼できるクリニックや病院なのか?

色々と選ぶ基準はあると思います。
それぞれのメリットやデメリットを上げてみます。

 種類  メリット   デメリット 
 大手クリニック  ・最新の設備が揃っている
 ・値段が安い
 ・再近視化した際の長期保証が充実している。
 ・指定しない限りは、検診、オペ、術後等色々な医者が診ることになり一貫性がない場合もある。
 個人病院  ・一人の医者が責任をもって手術・検診をしてくれる。
 ・今後何かあったときは、保険診療で見てもらえる。
 ・病院によっては古い設備もあり、個人病院だと中々最先端の技術の導入が難しい場合もある。
 大学病院   ・大学病院だけあって、最新の注意を払って手術を行う。  ・エキシマレーザーは、主にニディック性
 ・フラップ作成は、ケラトームのみ 
 ・値段がかなり高い。50万円掛かるところも。

やはり、病院選びが重要なんですね、大手クリニックのいいところは、豊富な資金があり、常に最新の設備が提供されている点です。
レーシックの機器を揃えれば数億円は掛かりますし、年間のメンテナン維持費だけでも500万は掛かります。
そういった環境を維持できるのは大手が殆どになってきます。

個人病院は、医者自身が城を構えている分、真剣に手術をしてくれます。
何かあったら大変なことですからね、検診やオペ、術後の管理等も責任をもってしてくれるため信頼出来ます。

大学病院のメリットは、値段がとにかく高い。ここで手術が出来る人は、羨ましいです。
レーザーは二ディック性です。やはり、県立や国立や医大の病院だけあって、日本製のエキシマレーザーを使用するのは通例ですね。フラップはマイクロケラトームのみが殆どかと思います。

PR

posted by lasiknanmin at 2010年12月27日17:53 | Comment(0) | 手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ