レーシックの後遺症8

レーシックの過矯正

レーシック手術後に過矯正になったらまずは3ヶ月は様子を見たほうが良い。

自然とエキシマレーザーで削った部分ががいくらか再生されて、遠視が吸収されて丁度の視力に普通はなる。

しかし、遠視が残って眼精疲労が出てきた場合はやはり遠視眼鏡は必須である。
100均の老眼鏡を試したがやはり安物で逆に目が疲れる。

東京にある老舗の眼鏡店は良い。

チェーン店の眼鏡やより、高いが資格をもったちゃんとした眼鏡屋で作った眼鏡は全然性能が違う。
視軸のズレや遠視角度まで調べてくれて、しっかりとした眼鏡を作ることが出来た。

もっていた眼鏡フレームがあったのでレンズだけ+1Dのレンズを作った。

使うと近くを見るのに目がもの凄く楽になる。

新聞、資料、パソコンの時に使うとやはり眼精疲労にかなり効果がある。

レーシック後の過矯正は視力が2.0見え過ぎて、眼精疲労が酷く現れる。

しかし、視力が徐々に下がっていく、ブログの合併症のページで書いたが、レーシックで角膜を削っても、早い段階で角膜実質が一部再生されるために起こる三か月以内の戻りと角膜が徐々に軽度に前方偏位していき、視力が下がっていく、2パターンが主のようである。

視力の再低下は、一般的な患者自身が、角膜が徐々に軽度に前方偏位していくために視力が落ちるなどとは思ってもいないだろう。

ごくごく、一般的で医療関係者から言わせると当り前のようである。

レーシック後のドライアイはジクアス点眼薬で何とかしのげるのでようやく普通に仕事が出来そうな気がする。

タグ:過矯正

PR

posted by lasiknanmin at 2012年05月02日19:47 | Comment(0) | レーシックの体験談1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジクアス点眼薬2

ジクアス点眼薬

気づけばジクアス点眼薬だらけになってしまった。

思えばレーシックの後遺症にはこのジクアス点眼薬が一番効くのかもしれない。

それにしてもこんなに点眼薬ばっかりもらって、本当にどうなってるんだろう製薬会社は喜ぶかもしれないが、病院代のお金が本当に掛かって辛い。

ただ現状ではドライアイに一番効くのはジクアス点眼薬だと思う。

特にパソコン作業等の時に近くを見る作業が目がパシパシしてきつい。
このジクアス点眼薬を2時間に1回ぐらい注すことによって、本当に目が楽になる。

ただ、2日2本ぐらいのペースで使っているので、何度も何度も病院行かないといけない。
1回の診察でで4本しか処方してもらえないためだ。

しかし、なんとかこのジクアス点眼薬で戦って行こうと思う。

ジクアス点眼薬

PR

posted by lasiknanmin at 2012年05月01日20:06 | Comment(0) | レーシックの点眼薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ