レーシックと脳の関係

レーシックと脳の関係

世界的な眼科の権威であるJack T.Holladay医師は自身の著書で、「手術により、本来のその人の見え方を変えてしまうと、それまでその人が長年に渡って作り上げてきた見え方に対する脳の調整機能が上手く働かなくなってしまうことがある。新たな見え方を作り出すことは、予想外の結果を視機能にもたらす可能性があり、慎重にしなければならない。」と説明している。

また、実際の医療においての体験として、「レーシックにより、近視の患者の眼を、検査数値上はパーフェクトだといえる手術をした。もの凄く喜んで頂けると思っていた。しかし、当の本人は目の不具合や違和感を訴えたのだ。何かの間違いではないかと思い、様々な検査をしたが、どこにも異常は見当たらない。おかしいと感じたが、何故か原因がわからないのだ。
この経験から私は、視力は脳が密接に関係しているので、時に数字では理解できないようなことが起こりうることを学んだ。」と書かれている。

どのように完全な手術や精密な検査をしても、検査データの数字に異常がない。しかし、目に違和感や不具合がでることは、脳が状況の変化に順応できていないということが考えられる。

見え方の質:神経順応の理解より

タグ:レーシック

PR

posted by lasiknanmin at 2012年09月10日22:53 | Comment(3) | 手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近視矯正手術の後遺症5

レーシックの失敗による後遺症

レーシックを受けて→仕事退職→生活保護

正直、40歳以上生きてきて、まさか自分が生活保護になるなんて想像できません。

生活保護自体が国民の血税であり、受ける人はよっぽどだと思っていたからです。

しかし、目がダメだとどうすることも出来ません。
痛みと様々な不快症状、見え方も非常にクリアではなく曇ったレンズのようで良いものではありません。

最初はお金が尽きたときにどうやって生きていこうか悩みました。
働いていたときは、これからも頑張れば生活できると、まさか今の状態になると思っていませんでしたから。

せめてもの救いは、この年になって、嫁や子供が居なかったことです。
もしいたらと思うと、とても養っていける状態ではないので考えただけで怖いです。

生活保護自体は、本当に受けるのに苦労しました。
役所に行ったときは、「レーシックって何?」
とういった感じで、取りあえず話は聞いて貰いましたがお茶を濁す程度でした。

眼科でも、診断書さえ書いて貰えない状態でしたから、役所に証明する手だてすらないのが現状です。

最終的に、精神科の門を叩いて、鬱病と診断していただきました。といっても、この40年間今まで体も心も健康だったのに自分でも理解できません。

度重なる、生活保護の申請が通ったのは4回目の訪問です。
さすがに上の方が出てきて、相談して頼み込んだところ、ようやく必要書類を提出して、生活保護を受けることが出来ました。

本当に感謝していますが、プラスこれからどうやって生きていこうかと悩む日々です。
本当に申し訳ない気持ちですが、最低限度の生活できるようになったこと、医療機関に診察を受けれることは感謝しています。

レーシックを受けた人は、成功すれば輝いた人生があるかも知れないですが、後遺症を持ってしまったら、もう二度と元に戻すことはできません。

そして、困窮してしまった場合は、公的な支援を受けてください。
国民が最低限度の生活を受けることが保証されているます。

そして、いつか希望を信じて、生き抜いて欲しいと思います。

執筆者:K

PR

posted by lasiknanmin at 2012年09月06日11:55 | Comment(1) | レーシックの体験談3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックにおける再手術の危険性

レーシックでは再手術が必要な場合が数%存在します。その殆どが術後の再近視化による視力低下、もしくは過度の矯正による過矯正などです。
一般的には再近視化により裸眼視力が0.6を切り、生活に支障がでる場合は再手術を検討します。なるべく再手術にはリスクもあり眼鏡等で矯正することが推奨されます。
一方過矯正による遠視では、視力が+1Dを超える場合に再手術が必要になります。それ以下であれば数ヶ月から数年程で視力が僅かに下がり安定した視力になるようです。

また、レーシック後の再手術は慎重に検討しなければなりません。再度フラップを持ち上げる際はフラップ損傷や皺が発生しやすくなります。1度目の手術ではフラップは強度に接着されており滑らかな状態を保っています。しかし、再度フラップを持ち上げることは様々なリスクが存在するため慎重に検討しなければなりません。

では、再手術をする場合はどの選択肢が最良であるか?答えはPRKがリスクが若干低いといえます。
フラップを再剥離しないためです。しかし、PRKは乱視や角膜混濁が発生することもあるため、信頼できる医師や高性能なエキシマレーザーが必要です。再手術におけるエキシマレーザーはトラッキング性能が高いこと、照射時間が短いことが極めて重要になります。
再手術は、非常に高いリスクがあることも忘れてはなりません。

再手術後の視力推移について述べたいと思います。再近視化での再手術は再度視力が落ちる可能性があります。過矯正での再手術後は再遠視化することはなく、近視化が進む可能性があります。これはエキシマレーザーを中心部の周りに照射するため角膜強度が落ち眼圧等で角膜形状が球面化するためです。RKを行った患者が術後再遠視化することからいっても間違いありません。

レーシックやその他の近視矯正手術はメリット=ハイリスクであるため慎重に検討する必要があります。

PR

posted by lasiknanmin at 2012年09月05日23:03 | Comment(0) | 手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ