レーシックと脳の関係

レーシックと脳の関係

世界的な眼科の権威であるJack T.Holladay医師は自身の著書で、「手術により、本来のその人の見え方を変えてしまうと、それまでその人が長年に渡って作り上げてきた見え方に対する脳の調整機能が上手く働かなくなってしまうことがある。新たな見え方を作り出すことは、予想外の結果を視機能にもたらす可能性があり、慎重にしなければならない。」と説明している。

また、実際の医療においての体験として、「レーシックにより、近視の患者の眼を、検査数値上はパーフェクトだといえる手術をした。もの凄く喜んで頂けると思っていた。しかし、当の本人は目の不具合や違和感を訴えたのだ。何かの間違いではないかと思い、様々な検査をしたが、どこにも異常は見当たらない。おかしいと感じたが、何故か原因がわからないのだ。
この経験から私は、視力は脳が密接に関係しているので、時に数字では理解できないようなことが起こりうることを学んだ。」と書かれている。

どのように完全な手術や精密な検査をしても、検査データの数字に異常がない。しかし、目に違和感や不具合がでることは、脳が状況の変化に順応できていないということが考えられる。

見え方の質:神経順応の理解より

タグ:レーシック

PR

posted by lasiknanmin at 2012年09月10日22:53 | Comment(3) | 手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PR

PR

この記事へのコメント
こんにちは、いつも読ませていただいています。
ありがとうございます。


Posted by 病気の心配ブログ at 2014年02月05日 22:51
医療問題弁護団事務局
03−5698−8544
詳しくはこちら。
(医療問題弁護団のページ)
相談数が多いので
@患者が弁護団に電話
A担当弁護士のコーディネイト
B担当弁護士と電話
と言う流れになっているようです。
Posted by ぴかちゅう at 2014年02月06日 05:45
レーシックを受けなくて助かりました。や
Posted by カナ at 2015年07月05日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ