ドライアイはヒアルロン酸点眼液0.3%で改善

ヒアルロン酸点眼液0.3%

レーシックでは角膜の神経を切断してフラップを作成するため、術後にドライアイが発生しやすくなります。
一般的にレーシックにおけるドライアイは半年程で軽快していくといわれていますが、人によっては慢性的に続くことがあります。

治療法としては「ヒアルロン酸ナトリウム点眼液0.3%」が最も優れた効果を発揮します。角膜移植における重度のドライアイにも「ヒアルロン酸点眼液0.3%」が使用され、安定的な効果をあげています。
ヒアルロン酸点眼液には「0.1%」と「0.3%」の2種類がありますが、「0.1%」は効果が乏しく保水力が少ないため、「0.3%」を使用します。
また、点眼液には防腐剤(ベンザルコニウム塩化物)が含まれています。これは長期間点眼することにより目の刺激や充血に繋がります。そのため、ベンザルコニ ウム塩化物の含まれていない「アイケア点眼液0.3%」「ティアバランス0.3%点眼液」 が推奨されます。

ヒアルロン酸点眼液

同一のヒアルロン酸点眼液でも科研製薬株式会社が製造販売する「アイケア点眼液0.3%」と千寿・武田薬品工業が製造販売する「ティアバランス0.3%点眼液」は防腐剤にクロルヘキシジングルコン酸塩が使用されており刺激が少ないのが特徴です。角結膜上品皮障害治療用点眼剤としては、長期間的にかつ頻繁に注すことが可能です。

使用例

ドライアイにより、「ヒアルロン酸点眼液0.3%」の先発品を使用。
使用後からドライアイの症状は軽快しますが、数日経つと目の痛みや充血、痒み等が発生します。原因として、防腐剤(ベンザルコニウム塩化物)の影響が考えられます。
対策として防腐剤が含まれていない使い捨ての「ヒアレインミニ点眼液0.3%」があります。こちらは自己免疫疾患等でないと、保険処方が許可されていません。
そのため、防腐剤(ベンザルコニウム塩化物)含まれていない「アイケア点眼液0.3%」や「ティアバランス0.3%点眼液」を使用します。この方法によって、防腐剤の副作用を防ぎ長期的なドライアイの治療が可能です。

薬品名 添加物 薬価
アイケア点眼液0.3% ホウ酸、ホウ砂、塩化ナトリウム、塩化カリウム、クロルヘキシジングルコン酸塩 419.8
ティアバランス0.3%点眼液 ホウ酸、クロルヘキシジングルコン酸塩、ホウ砂、塩化ナトリウム、塩化カリウム 419.8

PR

【レーシックの点眼薬の最新記事】
posted by lasiknanmin at 2012年09月05日20:01 | Comment(0) | レーシックの点眼薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PR

PR

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ