合併症について

レーシックの合併症

レーシックの失敗、後遺症、合併症は、執刀医の熟練度や機械装置の精度によって現在は減少してきている。

しかし、レーシックに、どうしても避けることのできない、致命的な問題点がある。

ドライアイ

レーシックのフラップ作成により、角膜の知覚神経は切断され、角膜知覚は低下する。

6ヶ月経っても完全には神経は再生されない。

そのため、角膜表面のバリア機能は低下して破錠する。

そして、知覚の低下により、涙の分泌が減少してドライアイの状態が続く。

角膜強度の低下

レーシックにより角膜が薄くなり、強度が低下してしまう。

それにより、角膜の前方偏位が見られる。

酷い場合は、不正乱視が生じて角膜移植が必要になります。

軽度の場合でも、近視が戻ったり、再近視化の原因となることから注意が必要です。

視機能の低下

レーシックによって、裸眼視力は上がるが最高矯正視力は低くなることが多い。

特に実生活で視機能を反映するコントラスト感度は必ず低下する。

近視の矯正が大きい人ほど、このコントラスト感度の低下は著しく、術後に何となく見えにくいと訴える人が多い。

眼圧測定が困難になる

レーシックにより、角膜の強度や曲率が変化してしまう。

それにより、眼圧の測定が不正確となる。

具体的には、眼圧は低く見積もられて、緑内障や高眼圧が見逃されてしまう危険性がある。

近視は緑内障の危険因子なので、レーシックの手術後に患者が年を取って高齢化していく将来に、大きな問題になる。

現時点では、どんな方法をもってしても、レーシック後の眼圧を正しく測る方法はない。

眼内レンズ度数計算

レーシックの矯正した目では、眼内レンズの度数計算が難しくなり、白内障の手術の際に同数が狂ってしまうことが非常に問題である。

白内障の手術後に遠方視力の度数がずれてしまい。患者の不満は強くなってしまう。

時には眼内レンズの入れ替えが必要になってくることもある。

角膜の屈折力を正確に測れないのが、一番の原因である。

角膜感染症

ごく稀ではあるが、術後に感染症が発生することがあり、早急な処置を行なわないと、視力障害などの重傷なケースを招く恐れがある。

最悪の場合は、角膜移植が必要となる。

なお、適切な機器のメンテナンスや衛生環境をおこなっていれば、起こることはまずない。

タグ:合併症

PR

posted by lasiknanmin at 2012年07月26日19:00 | Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙点プラグとドライアイ

レーシック後のドライアイ

ドライアイの画期的な治療方として、涙の排水溝を閉じて涙をせき止めて、涙の量を増やす涙点プラグがある。

これを使用すると涙があふれてドライアイに劇的な効果がある。
何よりも、4つ全部差し込めば始終、涙が溢れる程である。

一個当たり、健康保険で3000円ほどであり、ドライアイの治療に使われることも多い。
一般的な、フレックスプラグやスーパーフレックスプラグがある。
その他、コラーゲンプラグといってゼリー上のプラグを差し込んで治療する方法もあるが、効果は一ヶ月ほどであり、自然とコラーゲンは流れ落ちる。ただ、副作用が全くないと言っていいぐらい安全である。効果は涙点プラグの20%ほどの保水力しかない。

話を戻しますが、一般的な涙点プラグがレーシック後のドライアイに良く使用されます。
従来では、自己免疫疾患等のシェーグレン症候群の人などが重い人が使う治療方でしたが、最近はドライアイに使われている。

涙点プラグ

問題点は、涙点プラグを挿入すると、涙点が徐々に肥大化してしまう点である。
長期で使用する場合は注意が必要である。
涙点が肥大化すると次の大きさの涙点プラグが必要になり、最終的に大きさの合う涙点プラグが無くなることもある。

肥大化すれば、元には戻らず余計に涙が流れ出てしまいドライアイが悪化することもあるので慎重に使うべきである。
更に、排水溝に涙点プラグが入り込んで迷入してしまうことがある。こうなると取り出せなくなるので生涯詰まったままである。
稀に、肉芽腫が出来て涙点が塞がることもある。

こう考えると、メリット以上にデメリットも存在するのであり、無知なままでいることは極めてリスクがあると言わざる終えない。

涙点プラグを使用する場合は慎重に考えて欲しい。
但し、効果があることは事実なので様々なドライアイの治療方法を受けた上の最終治療方として選択して欲しい。
レーシック後のドライアイは過酷であるために、涙点プラグはやはり治療の選択肢としては必要とならざる終えない。

中には、涙点自体を焼灼して、永久的に塞ぐ人もいる。
それほど、過酷なドライアイなのである。通常のドライアイとレーシックで神経を切断したために起こるドライアイとでは、その辛さは雲泥の差であることは間違いない。

PR

posted by lasiknanmin at 2012年07月25日00:00 | Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック失敗による眼精疲労と目の痛み

「見えすぎによる眼精疲労、眼の痛み…」などは良く知られている症状ですが、その後に続く「ドライアイ・充血、まぶしさ…」も過剰な矯正が行なわれた場合に起こります。

それでは「過剰な矯正」とはどの程度の矯正のことでしょうか。ヒトの眼はたえず調節運動をしながら、遠くを見たり、近くを見たりしています。しかし一定の距離(とくに近方)で調節し続けると、そこに焦点が合いやすくなるように、一種の適応現象が眼に起こり始めます。つまり調節をしなくても、そこにピントが合うようになります。これが近視という適応現象の始まりで、そのヒトにとって(実は)都合の良い状態になります。しかし一方で、この近視という適応現象は都合が良いことばかりではなく、遠くの物が見え難くなるという大きな欠点があります。遠方視力の減退は、近代社会に於いては不都合な場面が多いため、眼鏡やコンタクトレンズなどの屈折矯正法が考案されてきました。眼鏡やコンタクトなどの屈折矯正用具が、遠方視力の必要な場面だけで使用されれば良いのですが、常に矯正された状態でいると、近くの物を見るとき更なる適応が起こり始めます。この過剰な適応は、屈折矯正用具がないと手元すら見えないという強度近視化を引き起こします。

つまり「適正な矯正」というのは相対的なものであるということです。デスクワークを1日8時間以上強行する人々にとって-1.00〜-2.00D程度の軽度な近視は、ある意味で理想的な適応が起こっていると考えるべきなのでしょう(なかなかそうは思えませんが)。遠方視力を測定すると軽度近視の人でも0.1-0.3程度しか見えません。しかし、中間視力や近方視力について言えば1.5まで楽に見えているでしょう。ここで必要な考え方は、視力という概念が遠方視力だけで代表され過ぎているということです。中間距離や近くでの見え方(近方視力)、色彩に対する感度(色覚)、周辺視力(視野)、暗順応、立体視力(深視力)、動体視力なども眼の重要な働きです。遠方視力を強調しすぎると、他の視力機能が障害されます。これらの視機能がバランス良く得られているという状態が「適正な矯正」ということになるのでしょう。しかし個々眼に於いて、強く必要とする視機能は異なるのものです。つまり視機能の適正なバランスは個々に異なるということです。

俗にいう過矯正に陥ると、皆さんが予想だにしない視機能のアンバランスが生じます。例えば、色彩感覚が低下し「濃紺と黒の見分けがつかない」など、微妙な色彩感覚が失われます。そして全体的にセピアがかった見え方になります。また暗い所で見え方が極端に悪くなります。ハログレも暗い所で起こり易いものですが、これはハログレと関係なく起こります。また近方、中間距離での解像度(これが視力なのですが)の低下を引き起こし、微細な縞模様が判別できなくなることがあります。他にも周辺視野の感度が低下するなど、上記したように遠方視力以外のすべての視機能の低下を起こします。ひどい過矯正は遠方視力の障害さえ引き起こします。

術後に頻発するドライアイは、そのほとんどが過矯正によるものだと考えて良いと思います。単に人口涙液を点眼したり、涙点プラグを装着するだけでは改善しないことがあります。勿論、術後ドライアイが起こった時は、これらの対策は採った方が良いということには間違いはありませんが、しかし根本的な問題として、これらは矯正が強すぎるために起こっている合併症だという認識を、皆さんに持って頂くことが大切でしょう。レーシック手術の場合、コンタクトや眼鏡を合わせるとき以上に強めに矯正が設定されることが一般的です。驚かれるかもしれませんが、これは事実です。レーシックはパーマネントな効果を期待する手術であるだけに、すぐに近視化して視力が低下するという現象は、レーシックという医療技術をビジネス・モデルとして考えたとき、ことは致命的です。そのため強めに矯正を加えることが一般的な考え方になっています。しかし一方で、万が一クレームになるほどの過矯正が起こったとき、それがコンタクトや眼鏡なら再処方も簡単なところですが、レーシックによる遠視矯正となると難しいというのが現状です。それを正確にリカバリーできる施設は日本国内でも極めて限られます。

一端、話題を変えましょう。仮に過矯正が疑われるとき、多くの専門家を含めて「老眼鏡を掛けると良い」とあっさりと言われます。しかし、若い人で調節能力が豊富に残っている場合、通常の遠視矯正用、或いは老眼用の眼鏡処方は反って眼精疲労を助長します。この様な場合の眼鏡処方には多少の経験が必要です。過矯正が疑われる場合に処方される眼鏡を使用すると疲れ易くなったり、見え辛いと感じるのは眼鏡の処方に間違いがあるからです。

タグ:過矯正

PR

posted by lasiknanmin at 2011年12月02日14:00 | Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ