カラーコンタクトレンズの後遺症

カラーコンタクトレンズの後遺症

カラーコンタクトレンズとは、黒目を大きく見せれることから、若い女性を中心にしてオシャレ感覚で装着することが多くなっています。

その一方で、不適切な使用から、視力低下や失明の危険性にさらされる人が増えています。

粗悪な輸入品のカラーコンタクトの中には、レンズを強く擦ると色が取れてしまうものもあります。
現在は、法律で基準が義務付けられていますが、数年前までは雑貨扱いであり、粗悪品が大量に出回り、10代を中心に購入して、そのまま医師の診察を受けずに装着し続けて、角膜潰瘍になり角膜が濁ってしまった例も報告されています。

現在でも、ネットで購入するなどして、医師の診察を受けずに不適切に使用する人が増えており、取り返しのつかない自体になることも予想されています。

カラーコンタクトは、必ず眼科の診察を受けて適切に使用する限りは問題ありません。
検診で以上があればすぐに対処可能だからです。

----以下、引用----

都内在住のAさん(10代後半)

メイク感覚で目を大きく見せるためにカラーコンタクトを雑貨店で購入しました。

その後、カラーコンタクトを装着して、手入れはしていたものの洗浄等やタンパク除去等が煩わしくなり、一週間そのまま装着し続けることもあったそうです。

もちろん、医師の診察は全く受けていません。
これといって違和感もなく大丈夫だろうと思いこんでいました。

ある日、朝起きると目が真っ赤に充血して、角膜に激しい痛みが出ていました。
すぐに眼科に診察にいきましたが、すでに角膜の表面が白く濁っており、炎症が起きていました。

原因は角膜潰瘍です。
コンタクトレンズで傷が付いたりした後、傷にブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌などがついて潰瘍ができます。

すでに傷が深かったため、数ヶ月後かけて治療をおこない症状は治癒したものの、白い濁りは残りました。

この白い濁りは一生涯取れることはなく、視力に対してぼやけた見え方が続けことになります。
完全な治療方法は角膜移植以外にありません。

Aさんは簡単な気持ちでカラーコンタクトを使い続けて、眼科で定期診察を受けなかったことを後悔しています。

このように、カラーコンタクトによる目の疾患が増加しています。
被害の多くが10代の女性であり、何も分からないまま装着しているのが現状です。

しっかりとした、行政の対応が必要であり、カラーコンタクトの適切な使用が大切です。

PR

posted by lasiknanmin at 2011年10月28日17:32 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジンズPC

JINS PC

パソコンの作業がギラツキ辛いため、ジンズPCを購入した。

薄い黒のレンズが入っており、有害なブルーライトを50%程吸収してくれるみたいだ。

使ってみると、まさにサングラスの薄いバージョンのような気がする。

但し、遠視なので度が入ってないから、楽にはならないし、効いているのかわからない。

健康な目なら予防としては効果があるのだろう。

そもそも、最近のパソコンは光沢液晶ばかりになった。

画面を鮮やかに見せるためにワザワザ光沢を付けている。

しかし、光沢液晶は目に良くない。眼精疲労がきつくなる。
やはり、非光沢液晶が一番反射もなく目に良いことは明らかだ。

この点は惑わされないようにしたい。

レーシック後の遠視には少しの違いが大きく後遺症の具合を左右するからだ。

ジンズPC

タグ:ジンズPC

PR

posted by lasiknanmin at 2011年10月02日19:03 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井端和弘選手

井端弘和選手のレーシック後遺症

中日の井端弘和選手はレーシックによる後遺症を抱えながらも懸命に生きているレーシック難民の一人です。

井端選手は当時、極度のドライアイから、試合中にコンタクトレンズでプレイすることが困難になることがしばしばありました。

2008年のオフシーズンにレーシック手術を受けることになりました。
当時こそ、プロ野球の業界内ではレーシックを受ける選手が多く、松坂大輔投手も受けたことから、選手内では受ける人が徐々に増えていきました。

井端選手は大手クリニックでレーシックを受けたものの、手術当初から、納得のいく視界ではなく、ドライアイも悪化したため、後に合計3度となるレーシック手術をおこないました。

3度目の手術では、角膜厚が手術許容量の限界に達しました。しかし、術後に右目の炎症が激しく、ドライアイも状態も良くならないまま視力は低下してしまいます。

ステロイドを使用して炎症を抑えるなどしたものの現在では、視力低下とドライアイに苦しんでいます。

引退を決意したこともありますが、家族の支えや球団の配慮もあり、現在は選手として復帰して、中日ドラゴンズで活躍しています。

試合時には、一時的にコンタクトレンズを使用するなどして凌いでいるそうです。

これ以降、プロや球界では、レーシックはタブーになりつつあり、受ける選手は殆どみられなくなりました。

レーシックを受けて快適な選手生活を送っている人が殆どですが、このようにレーシックには光と陰があることを忘れてはいけません

タグ:井端和弘

PR

posted by lasiknanmin at 2011年09月30日21:03 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ